車愛好家達の民主党
クルマ関係のニュース配信系ブログ 初めての方はサイトマップをどうぞ ☆

[サイトマップ]


adsense


最近の記事


月別アーカイブ


フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京株式市場・大引け=続伸、1万7900円半ば回復し市場心理も強気に
ポニーキャニオン オリジナル・ラヴ/オリジナル・ラヴ/イレヴン・グラフィティ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070601-00000382-reu-bus_all
日経平均 日経平均先物6月限 
終値 17958.88 +83.13 終値 17950 +90
寄り付き 17949.92 寄り付き 17960
高値/安値 17943.68─18017.73 高値/安値 17930─18030
出来高(万株) 249391 出来高(単位) 99619
 [東京 1日 ロイター] 東京株式市場で日経平均は続伸し、1万7900円半ばを回復して大引けた。一時は2月27日以来となる1万8000円大台に乗せた。ここ2カ月間レンジの上限となっていた1万7800円を前日上抜けたことなどから市場のセンチメントが大きく強気に傾いた。
最新トヨタ情報は・・・トヨタランキング



商いも膨らみ、売りを吸収して上昇した。
 業種別では商社や海運が引き続き人気化したほか、鉄鋼や非鉄も買いを集めた。
 東証1部の騰落数は、値上がり1021銘柄に対し、値下がり572銘柄、変わらずは134銘柄。
 日経平均が2日間で400円近く上昇し、一時は一気に1万8000円台に乗せたのはマクロ経済的なファンダメンタルズの変化ではなく市場センチメントの変化が大きな要因だ。
 1)中国株が下落しても米国株が上昇し世界同時株安の不安が後退した、2)中国株安時も円高は進まず円キャリートレードの巻き戻しへの懸念が後退した、3)新興株式市場の反転により個人投資家に活気が戻ってきた、4)信託経由の売り圧力が市場のボリューム拡大に伴い吸収できるようになった、5)壁とみられていた日経平均1万7800円を超えてきた──などの要因をベースに「相場の雰囲気がかなり良くなってきた」(国内投信投資顧問ファンドマネージャー)という...

ニュースの続きを読む





◆トヨタ関連ブログ記事
銘柄入れ替え - わかばマークの投資日記/ブログ (6月2日19時17分)

5月米自動車販売は若干回復、トヨタは... - 自動車ニュース24時 (6月2日19時5分)

リクナビマイナビに紹介予定派遣から - 紹介予定派遣 (6月2日19時0分)

民主、共産、社民党は国民をバカにす... - Pの視点 (6月2日18時44分)

thirty-first - ガンダムオペレーションズフィギュア (6月2日18時15分)

ところで - 冷やしちゅうか始めました。 (6月2日18時11分)

ウィッシュ メンテナンス - 静岡市にてボディーコーティング専門... (6月2日18時2分)

新垣結衣情報(14:00) - 新垣結衣のいろんなこと (6月2日18時0分)



◆トヨタ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://neodesu13.blog104.fc2.com/tb.php/164-9966220f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。