車愛好家達の民主党
クルマ関係のニュース配信系ブログ 初めての方はサイトマップをどうぞ ☆

[サイトマップ]


adsense


最近の記事


月別アーカイブ


フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科技振興機構、癒やしロボット開発 柔らかな肌、滑らかな関節
インテリアカーテンホンダオデッセイ(RA1~5)☆3色有り!☆新品
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070602-00000000-fsi-bus_all
 人間のように動く柔軟な関節と柔らかな皮膚を持つヒューマノイド(人間型)ロボット「CB2」を科学技術振興機構(JST、埼玉県川口市)が開発し、1日、大阪府吹田市の大阪大学大学院で報道陣に公開した。ヒューマノイドロボットを研究するロボットとして開発されたが、癒し効果を持つ介護用や接客、1人暮らしの高齢者とのコミュニケーションロボットなどとしても役立ちそうだ。

 人間に近い動きになるように、空気の圧力を利用して動く関節を全身56カ所に設置し、ロボットの表面はシリコーン製の柔らかい人工皮膚で覆った。

 人工皮膚の下には約200個の高感度触覚センサーを配置した。
最新ホンダ情報は・・・ホンダランキング



ほおを押すと、その下にあるセンサーが検知し、押された方向に視線を動かしながら顔も向けることができる。

 また、頭の部分にはカメラとマイクロホンをそれぞれ2個搭載しており、周囲の視覚的情報や音を感知して頭や手足を動かしたり、音声を発することができるようにした。開発期間は約1年半で、開発費は約6000万円。

 石黒浩・大阪大学大学院工学研究科教授をリーダーとする研究グループが実際の開発を担当した。ロボットの高さは130センチ、重量は約30キロで、1、2歳の人間をモデルにした。

 同日行われたデモンストレーションでは、座った状態のロボットが介助者の手を借りて立ち上がる動きが披露された。介助者がロボットの手を持って引き起こすと、ひざの屈伸運動を上手に使いながら立ち上がるなど人間に近い動作を見せていた...

ニュースの続きを読む





◆ホンダ関連ブログ記事
通勤に便利!今一番安いバイク HONDA ... - SHOP ひなたぼっこ~* (6月6日1時23分)

バイクメーカーのCM - ごきげんブログ (6月6日0時28分)

Memorial Things - Minnie's Lovely Life (6月6日0時26分)

北斗の拳:「ユリアを探せ!」 巨大マ... - マイカー情報どっとcom (6月6日0時5分)

忙しいぐらいがちょうどええんやね。 - ナップナップ.tkm (6月5日23時57分)

ブレーキパッド - ノジオの不定期更新日記 (6月5日23時10分)

起業すること - 会社設立に必要なものって?独立を目... (6月5日22時59分)

マン島TTの結果 - 趣味はバイクでパーツ通販ブログ (6月5日22時57分)



◆ホンダ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://neodesu13.blog104.fc2.com/tb.php/185-ddcb4822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。