車愛好家達の民主党
クルマ関係のニュース配信系ブログ 初めての方はサイトマップをどうぞ ☆

[サイトマップ]


adsense


最近の記事


月別アーカイブ


フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡大する自動車海外生産 来年度にも国内逆転 効率運営へ各社取り組み
12V☆アンサーバック機能付・キーレス アクチュエーター付【新型】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000012-san-bus_all
 日本の自動車メーカーの海外生産台数の拡大が続き、平成20年度にも国内外逆転が見込まれる状態となった。海外生産比率は16年以降、48%を超える水準に到達。各社は海外での生産効率、品質を高めるため、試作車の集中生産や部品の現地調達率向上といった取り組みを強化している。自動車業界は、中国など新興国メーカーを含めた世界的な低価格競争が始まりつつある。今後も海外生産の重要性が増すのは確実で、地道な生産体制の改善が勝負を左右しそうだ。(小雲規生)

 日本自動車工業会によると、18年の日本メーカーによる海外生産台数は前年比3・5%増の約1097万台と、この7年間で2倍近くに増えた。
最新トヨタ情報は・・・トヨタランキング



一方の国内生産は約1148万台で、総生産台数に占める海外生産の比率は48・9%となった。

 19年はトヨタ自動車が1月にタイ、5月に中国の天津で新工場を稼働。年末にはロシアのサンクトペテルブルク工場も稼働する予定だ。また、燃費の良い小型車の販売好調を受け、各社は既存工場での増産も視野に入れており、国内外比率の逆転が目前に迫っている。

 こうしたなかで各社は、全世界に広がる工場を効率的に運営する、仕組み作りの強化を急ぎ始めた。

 日産自動車が4月に完成した「グローバル車両生産技術センター」(神奈川県座間市)は、国内外すべての工場で生産する自動車の試作車を集中的に製造する。試作時点で発見された設計上の不具合や、効率的な製造機械の仕様設定などを、世界中の工場に伝える役割を担う...

ニュースの続きを読む





◆トヨタ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆トヨタ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://neodesu13.blog104.fc2.com/tb.php/217-3724b9da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。