車愛好家達の民主党
クルマ関係のニュース配信系ブログ 初めての方はサイトマップをどうぞ ☆

[サイトマップ]


adsense


最近の記事


月別アーカイブ


フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王者アロンソ抜いた!琢磨6位入賞…F1カナダGP
12V☆アンサーバック機能付・キーレス アクチュエーター付【新型】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070612-00000018-sph-spo
 ◆F1第6戦カナダGP決勝(10日、モントリオール・ジル・ビルヌーブ・サーキット) 決勝はクラッシュ続発で、完走わずか12台と大荒れのレースで、佐藤琢磨(30)=スーパーアグリ・ホンダ=が爆走した。終盤には王者フェルナンド・アロンソ(25)=スペイン、マクラーレン・メルセデス=を抜き去る衝撃の場面を演出して6位入賞。3ポイントをもぎ取る大殊勲となった。レースはルイス・ハミルトン(22)=英国、マクラーレン・メルセデス=がポール・トゥ・ウイン。デビュー6戦目で、黒人ドライバーとして初の優勝を飾った。

 琢磨が、王者を一刀のもとに斬って捨てた。
最新トヨタ情報は・・・トヨタランキング



66周目にトヨタのR・シューマッハを抜いて7位に上がり、さらにアロンソを追いつめる。残り2周の68周目、直線で外から仕掛けると、アロンソはあっさりと6位の座を譲った。スタンドの観客はやんやの大喝采。琢磨も「鈴鹿じゃないのに、みんな立ち上がってすごく応援してくれて本当にうれしかった」とノリノリだ。

 参戦初年度の昨年は、最下位が指定席のチームだった。今季もベースはホンダの06年型。ここ数年はシーズン中に大幅改良されたマシンを投入するチームもあるほど、進化のスピードが速いF1で、しかもおそらく現在、一番速いマシンを抜き去った。アロンソがペナルティーを受けて後退した影響で無理をして追い上げ、もはや余力がなかったこと、タイヤに厳しいサーキットで摩耗の激しいソフトタイヤを装着していた(琢磨はカナダでは有利と言われるハードを装着)ことを割り引いても、ショッキングなシーンだった...

ニュースの続きを読む





◆トヨタ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆トヨタ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://neodesu13.blog104.fc2.com/tb.php/218-97a99f1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。