車愛好家達の民主党
クルマ関係のニュース配信系ブログ 初めての方はサイトマップをどうぞ ☆

[サイトマップ]


adsense


最近の記事


月別アーカイブ


フリーエリア


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動車:「独走」日本・「猛追」中国・「足踏み」韓国(上)
タイムリミットは30日、IQ200の脱出計画!20世紀フォックスホームエンターテイメン プリズン・...
 世界の自動車メーカーが、アジア市場をめぐり激しい競争を繰り広げている。トヨタ、ホンダに代表される日本の自動車メーカーは世界トップの生産力を武器に独走していることから、これに遅れをとった他国メーカーらが構造調整を強いられている。そうしたなかで中国は、生産拠点を相次ぎ増設し、グローバル自動車メーカーの技術と資本を吸収している。 国際自動車製造業界機構(OICA)が7日に発表した資料によると、日本は13年ぶりに世界最大の自動車生産国に復活、中国は世界3位に上昇した。韓国は2005年に続き5位にとどまっており、足踏み状態にある。昨年の日本、中国、韓国の自動車生産量は合計2261万台となり世界生産量(6921万台)の3分の1を占めている。
最新ホンダ情報は・・・ホンダランキング



◆日本、先進国で唯一国内生産が増加   1970年代のオイルショック以降、急成長を遂げてきた日本は、1980−1993年、米国向け輸出増加を追い風に生産国世界1位の座に上り詰めた。しかし、バブル崩壊、高賃金による工場の海外移転が相次いだことから、1994年以降2位の座にとどまっていた。 日本が13年ぶりに世界1位に返り咲いた理由は、トヨタ、ホンダなどが輸出好調を背景に国内生産を1100万台以上に維持する“怪力”を見せているからだ。“怪力”の実態は何か。 昨年、日本の生産台数は1148万台(軽自動車含む)だった。国内販売向けは574万台であったことから、国内生産分の半数を輸出したことになる。他の自動車生産国が高賃金に耐えられず生産拠点を海外に移し、自国の生産量が減少しているのとは異なる...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)





◆ホンダ関連ブログ記事
ホンダのポールリカールテストの総括 - Super Car World (5月20日22時55分)

五月晴れ - すぴあ (5月20日22時48分)

ユピテルに関するサイト - カーナビ大好き! (5月20日22時32分)

2代目K-eng号 - 記憶のしおり (5月20日22時31分)

新食感♪ - Herb Garden (5月20日22時29分)

ダイハツ 中古車 - 中古車関連情報,検索,ディーラー,販売 (5月20日22時28分)

F1 Challenge 1988シーズン - 湯ったり日記 (5月20日22時19分)

ダンデ ライオン - あぁ、これはいいかも (5月20日22時17分)



◆ホンダ関連の無料のレポート情報
関連のレポートはありません
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://neodesu13.blog104.fc2.com/tb.php/70-b55bb614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。